乳酸菌サプリで1粒で効果がイマイチの時は2粒でも問題ないか

乳酸菌サプリで1粒で効果がイマイチの時は2粒でも問題ないか

乳酸菌サプリで1粒で効果がイマイチの時は2粒でも問題ないか

乳酸菌のサプリを服用している方は、たまに量に関して心配しています。
現にこの間も、次のような方がいらっしゃいました。ある方が、ちょっとお通じが悪くて困っていたのですね。頻繁に耳にする話の1つです。

 

それでその方は、ある時から乳酸菌のサプリを使うようになったのです。口コミなどでもかなり高く評価されている製品だったので、便秘の改善効果に期待をして、ちょっとネット通販で購入していらっしゃいました。
ところがその方の場合は、そのサプリのパッケージの目安量では少々足りなかったようです。そのパッケージによると、1日の摂取目安量が一粒と記載されていたようなのですね。しかし実際に1粒だけ服用してみると、余り効果が見られませんでした。

 

そこで試しに、1日2粒ほど服用するようにしたようです。すると、今度は大きな変化が生じたのですね。今までと違って、ほぼ確実にお通じが来るようになったそうです。
ただその方は、その状態を継続して良いかどうか悩んでいらっしゃいました。本来の服用摂取量が1日1粒なのですから、2粒では少々多すぎるのではないかと心配だった訳ですね。恐らく過剰摂取による副作用を心配していらっしゃったのでしょう。

 

1日に2粒でも特に問題ない理由

 

結論を申し上げれば、上記の方の場合は2粒を摂取するよう心がけた方が良いと思います。その理由は、単純に効果の問題です。1粒では効果が見られない訳ですから、それを繰り返しても余り大きな効果は期待できないと考えられます。しかし2粒で効果が見られた以上は、やはりそれを継続する形で問題ないでしょう。

 

そして上記の方が懸念している過剰摂取ですが、乳酸菌サプリに限ってはその心配は無用だと考えます。なぜなら基本的にサプリは、非常にマイルドな製品だからです。経口摂取する処方薬などは過剰摂取は禁物ですが、乳酸菌のサプリの場合はまた話は別なのですね。サプリは体にやさしいので、多少多めに服用しても特に問題ないと考えられます。

 

上記のような事例は、たまに見られますね。パッケージに書かれている服用量が、あくまでも「目安」になるのです。それは多くの服用者の平均値を示しているに過ぎないので、余り気にする必要はないでしょう。パッケージの服用量に余りこだわらず、自分に最適な量を服用するようにすれば良いと思います。

 

ただし1日に2粒を摂取するとなると、それだけ消費量も多くなるでしょう。その分多くのお金を使うことになりますので、それを考慮の上で量を調節するのが良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ